50歳までにセミリタイアときどきソロキャンプ

私は現在44歳で、50歳までにサイドFIREをめざしています。

賃貸VS持ち家②(セミリタイアへの挑戦)

賃貸VS持ち家メリット・デメリットについて

 Youtubeやネットで調べる限り、賃貸を進める方が多かったことについては驚きでした。ではなぜなのでしょうか?賃貸・持ち家(マンション)についてメリットデメリットを挙げてみました。私の場合は1軒家ではなくマンションを想定していますので、中古マンションで比較したいと思います。

<持ち家(マンション)>メリット・デメリット

 デメリット

  • 固定資産税・管理費・修繕積立費がかかる
  • 隣人トラブル(隣人ガチャ)の可能性時、身軽に動けない
  • 災害トラブル・天災のリスク対応
  • 住む場所の固定・安易に転居ができない

 メリット

  • 完済すると個人の所有物となる
  • 間取り変更など手直しが可能
  • 完済後の固定費の削減
  • 老後賃貸での貸し渋りなどを気にする必要がない

<賃貸でのメリット・デメリット>

 デメリット

  • 永遠と家賃を払い続ける必要がある
  • 間取り変更など基本的にNG
  • 独身老人に貸し渋りの可能性

 メリット

  • 好きなときに引越しが可能
  • 建物に関する修繕費が不要
  • 固定資産税が不要

簡単に列挙してみましたが、上記のようにそれぞれメリット・デメリットが存在します。それぞれのメリット・デメリットに自分自身の条件を当てはめていきます。

  • セミリタイア後のため、転勤などが無い
  • 犬が飼えるマンション
  • 独身で今後老人になっても借りれるか不安
  • 間取りはそれほどこだわらないが、45㎡~は欲しい
  • 月々換算では共益費込みで10万以内
  • 購入の場合は2400万以内(諸経費込み)

上記のような自分自身の要望と照らし合わせてみます。

一番の問題となるのはお金の部分となるでしょう。では中古マンションと賃貸でどのくらいの金額の差があるかを確認してみます。

<期間50歳~75歳>

購入 2400万(諸経費込み)+月々2万(管理費・修繕費)+年間12万(固定資産税)

賃貸 10万(共益費込み)×12か月×25年

 

25年では購入の場合3300万、賃貸の場合3000万となります。30年では購入が3480万、賃貸が3600万となります。

 

 30年でおおよそ同等となります。ちなみに築20年ほどの中古マンションをイメージしております。30年後ということは80歳で築50年のマンションということですね。うーん微妙。こう考えると月々10万で賃貸のほうがお金の面だけで言っても良いような気もしてきます。

 

 人間何歳まで生きれるかはわかりませんが80歳まで生きれれば十分かなーと思ったりもします。ただし、寿命は誰にも分りません。健康で100歳近くまで生きる可能性がありますし、そうなると賃貸の毎月金額が重くのしかかります。

 次回考察でより具体的なゴールを決めて最終的な考察をしていきたいと思います。